こぞう匣スタイル

CONCEPT

ここちのいい木工調度品。

丁寧な仕事で生まれる美しい線。
その輪郭は緊張感を作り、暮らしにハリを設えます。
仕口(しぐち)と呼ばれる細工が組み合わさり、強度となり
堅牢にできた家具は、使うたびにここちいい。
こぞう匣スタイルは、
この「指物」という手仕事の伝統技法をベースに
機械仕事を両立させながら、木工調度品を仕上げています。

指物の仕事

木材を細工し、継ぎ合わせる伝統技法、指物。 京都と江戸。その文化とともに発展しました。 茶道の確立により栄えた、雅な京指物。 商人・町人に親しまれた、粋な江戸指物。 やがて江戸の手仕事は静岡(駿河)に伝えられ 機械加工の家具産地である風土と重なり、 駿河指物として独自の発展を遂げました。 こぞう匣スタイルは京都・静岡での経験を経たことで これら先人の知恵を継承しています。

NEWS

2018/11/04規則正しく、整然と並ぶ六角形 地味で地道な作業の末のハニカム #六角#六角形#ハニカム#蜂の巣#ヘキサゴン#hexagon #furniture #woodworking #shizuoka #kozou #kozou-hakostyle#news規則正しく、整然と並…
2018/08/30新作ネストテーブルと屑入れ新作ネストテーブルと…
2017/12/12桑の鉋くず桑は刃物を…

PRODUCT

定番商品のご紹介

ORDER MADE

特注品のご案内

ABOUT

こぞう匣スタイルについて

こぞう匣スタイル 代表木工職人 | 戸田勝久

1977年生まれ
地元静岡の住宅工務店に勤務後、手仕事の木工職人を志す。伝統的な京指物の世界へ。京都にて経験を積む。静岡に帰郷し、家具指物の職人に師事。手仕事の精度、機械仕事の生産性、その両立を目指し独立。2017年春、静岡の工芸産地・丸子にて工房を構える。2018年更なる仕事の質を求め、職人街・田町に拠点を移す。

第43回静岡伝統工芸展 静岡県知事賞
[欅 二十角留継 茶筒 Tutu]

STORE

駿河楽市静岡県静岡市葵区黒金町47 アスティ静岡 1F
054-251-1147
http://www.sunpurakuichi.co.jp

CONTACT